For Fencers in Japan from Brian

日本のフェンサーへ

"It is me that fences, it is me that wins, it is me that loses. I am a the one who believes in myself. It is me that believes in my coach, my preparation, my life style and fitness. No one else fences but me to win. It is me me me that is responsible for my success I cannot blame anyone else or my equipment or the schedule if I go wrong."

「フェンシングをするのは私、勝利するのは私、負けるのも私。自分を信じるのも私。コーチを信頼し、準備してきたこと、自分の生き方や適正を信じるのは私。他の誰でもない、この私が勝利のためにフェンシングをする。自分の成功に責任を持つのは私、私、私・・たとえうまくいかなかったとしても、他の誰かや、用具や日程に文句を言うことはできない。」