東京都障害者スポーツ協会研修会

12月16日 東京都障がい者スポーツ協会スタッフ研修会開催 於東京都多磨障がい者スポーツセンター

 

今回は小松監督の講演からスタート。車いすフェンシングの基礎の基礎を説明。その後車いすをピストに取り付ける実習のスタート。沢山の方々に経験していただけるように、何回か、つけたり、はずしたりをくり返します。試合形式やレッスンのデモンスとレーションのあとに、みなさんに実際に剣を回してまず持ち方レッスン。剣を使った簡単なトレーニング方法など、小さなグループに分かれて経験していただきました。それから希望者が車いすに座ってのレッスン。マスクをかぶると「世界が変わる」ことや思うように剣が動かないのに戸惑いながらの実習が続きました。最後に安選手が「今までの車椅子バスケットとは全く違う競技に戸惑いつつがんばっていきます」と挨拶。指導員の方々の熱心さに圧倒ながらの3時間のデモンストレーションでした。